×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

淡路島のふとん屋 ヤナガワ
ホーム ブログ リンク集 お問い合わせ
ホーム>まくら屋

まくら屋   

寝起き改善!
まくらはセミオーダーで合わせます。

今お使いの枕に、お悩みがありますか?
たくさんの枕が販売されている中、正しい選び方ができますか?
  

  ブログ「めざせ良質の睡眠」から、 
   【枕に関すること】もくじから参考記事をお読みいただけます。
    ↑クリックで別ウインドウが開きます
   
 
       オリジナル5ユニットまくら(3,4,5,6cmタイプ) 


  

枕選びで、よく言われるのが
「高さがあっている枕を選びましょう」ということ。
「首を支える所は高く、頭がのる所は低く」とも言います。

また、枕の断面図が波型(〜←こんな形)の枕を、
勧められたことがあるかもしれません。

低反発素材は、枕には向いていないと、当店では考えています。
(日本の気候では使いづらいと思われます)

支持性・通気性・透湿性・放熱発散性を考慮し、
枕メーカーの協力を得て、オリジナル設計で作ってしまいました。

当店の推奨枕は、
セミ・オーダーでご用意いたします。


 共同で開発から販売を行ってきたメーカーが廃業したため、
 縫製メーカーを変更し、中袋を
仕様変更いたしました。
  
オリジナル「5ユニット枕」は、2タイプ

(1)高さ調節は、ご自分でも手軽にできます。

(2)通気性のよいポリエチレン製小粒パイプ、および
   エラストマー樹脂製小粒パイプを使用しています。

(3)衛生管理が簡単で、ほこりが出ないので、アレルギーのある方にも安心です。

(4)体型に合わせた微調整を、ユニットごとに行えます。

(5)型崩れを防止するために、見えないところに工夫をしています



「5ユニット枕」の中は、5つの小袋にわかれています。
(だから、ファイブ・ユニット)
どの小袋にも、ファスナー口をつけました。
(中身のパイプを簡単に出し入れできます)
この5つの小袋をセット用袋に入れた状態でお届けいたします。
枕カバー(ピローケース)を付けてお使いください。
標準的な枕カバーのサイズにぴったり合います。(43×63cm)



中央の3つの袋は、筒状の帯でズレを防ぎます。


小袋にはすべてファスナー付き    
各小袋にはファスナーを付けており、ビーズの出し入れが簡単です。
低め(3〜4cm)に調整した枕では、袋内でビーズが片寄りやすい傾向があります。軽くゆすると戻ります。
少しだけ高くしたいときには、お手持ちのバスタオルをじゃばらにたたみ、
枕の下に差し込んで、めくりながら調整します



Nタイプは昔ながらの「そば殻まくら」に似て、やや硬めです。
  基本的に、高めのまくらに適用しています。
●中身はポリエチレン・パイプ、従来のパイプまくらに使われたものに比べて小粒です。
●また、ソフトですべりのよいタイプ(ナチュラル・タイプ)なので、音が静かです。

ポリエチレンパイプ(ナチュラルタイプ)


Eタイプは、Nタイプより少しやわらかめ、やや弾力があります。
 基本的に、やや低めのまくらに適用しています。
●中身は、エラストマー樹脂小粒パイプを使用しています。
●極端な片寄りを抑えられ、低く調整したまくらでも安定した使い心地です。


小袋の中で、パイプは自由に動きます。
寝返りのたびに変化する頭の位置・高さを、中身が動くことで、無理なく支えます。

 このページのトップに戻る


使い方のコツ
  まくらには、頭だけでなく、肩まで乗せるつもりでお使い下さい。
  いったん頭を乗せたあと、両手でまくらをかかえるように、肩のほうに引っ張ります。
  これで、寝心地が安定します。

    
 

まくらの高さを決めるのに、頚椎カーブの測定を行うお店があります。
当店では、多数のお客さまの測定の経験から、
おおよその体格と、腰痛などの有無、寝姿勢のクセを伺えば、
頚椎カーブの測定なしで、ほぼぴったりな高さのまくらをおすすめすることができます。

ただし、ふとんの上で使うものですから、
敷ふとんまたはベッドの、沈み具合によっては補正が必要です。
めやすを
参考にしてお選び下さい。

このページのトップに戻る

まくらの高さ タイプ      おおよその体格            
3cm(低め) E ほっそり体型の女性・まくらなしで寝ている方
4cm(やや低め) E 普通体型の女性
5cm(平均的な高さ) E 細めの男性・ぽっちゃり体型の女性(横向きで寝る方)
6cm(やや高め) N 普通体型の男性
7cm(高め) N がっちり型の男性(肩幅のあるスポーツマン)など
8cm(ごく高め) N がっちり型で、横向きで寝る方

あくまで「めやす」ですので、ご自分のふとんで寝てみて、微調整をします。

お問い合わせはメールでどうぞ
  

高さの補正の方法

  仰向けに寝てみて、誰かに横から見てもらいます。
  あごからのどにかけて、しわが出るようなら、高すぎます。
  あご先が上がるようなら、低すぎます。
  このとき
肩先が、敷ふとんに密着していることも、見てください。

  ファイブユニット枕Nの場合、小袋1つにつき30gのパイプを足すと、約1cm高くなります。
  まくらの下に、普通のタオルを四つ折にして差し込むと5o程度高くなります。
  バスタオルにすると、1cm〜2cm程度、高くなります。

 このページのトップに戻る



ファイブ・ユニット枕N
ファイブユニットまくら写真
 サイズ : 43×63cm

 材質 側生地 : 綿100%
     充填物 : ポリエチレンパイプ


 高さは3種類 :6・7・8cm

 価格 :9,180円 (本体価格8,500円+消費税)



ポリエチレンパイプ(ナチュラルタイプ)



ファイブユニット枕E

ファイブユニットまくら写真 
 サイズ : 43×63cm

 材質  側生地 : 綿100%
      充填物 : エラストマーパイプ


高さは4種類 :3・4・5・6cm

 価格 : 9,180円(本体価格8,500円+消費税)








オリジナルピローケースをご用意しています。

扱いやすい封筒型の枕カバーを作りました。


枕のサイズより長く作っています。
折り曲げて使うタイプです。
(点線部分が枕サイズ)




材質 綿100%・無地カラー(ピンク・ブルー)

サイズ 45×90cm (封筒型・ファスナーなし)
 


価格:1,944円(本体価格1,800円+消費税)                          
  

ファイブユニット枕とピローケースをセットでお求めいただく場合は、
サービス価格でお届いたけします


ファイブユニット枕NまたはE(オリジナルピローケース付き)

価格:10,800円 (本体価格10,000円+消費税)

それぞれ、枕の高さとピローケースのをご指定下さい。



Powered by NINJA TOOLS

このページのトップに戻る