エコテックス規格って ?  


エコテックス共同体で認定している、繊維製品の国際的な安全基準のこと。

エコテックス共同体とは、ヨーロッパを中心に、世界24カ国の試験研究機関で構成する、
テキスタイル・エコロジー国際共同体です。事務局はチューリッヒに置かれています。


エコテックス規格(スタンダード)100は、繊維製品に対する国際的な安全基準であり、
法律の基準より多くの有害物質を対象にしています。


この規格では、対象製品を4分類し、
重金属類、発ガン性物質、アレルギー誘発物質などについてそれぞれ基準を定めています。

   クラス1:乳幼児用
   クラス2:肌に直接接触するもの
   クラス3:肌に直接接触しないもの
   クラス4:インテリア用品

エコテックス規格100に定める基準をクリアーしたものに
エコテックスラベルが貼付されます。
現在、乳幼児製品、下着、シャツ、ホームウエア、背広服、寝具類等
エコテックス規格認証商品が出まわっております。

クラス1:乳幼児用では、子供が口に入れたり、なめたりしても、有害物資が溶出しないことを意味する)

このラベルがエコテックス規格100に基づく認証ラベルです
 
    エコテックスのラベル

          
エコテックス規格(スタンダード100)について、もっと知りたい場合は、↓でどうぞ。
      ●エコテックス国際共同体ホームページ
      ●日本でこの認定を行っている 「財団法人日本染色検査協会」
      ●IS株式会社 染織経済新聞が編集する「tektileinfo.com」